PHENOMENON1969

1969の開発ストーリー

「1969」開発ストーリー

キルマー・マッカリーに
敬意を込めて

1969

ホモシステイン理論の第一人者

キルマー・マッカリー

ハーバード医科大学院の若き病理学者だったホモシステイン理論の第一人者キルマー・マッカリーは、1969年に血管疾患との関連性で発表を行いました。

当時、科学者や医師たちの多くは心臓病の原因はコレステロールであると考えており、マッカリーが唱えた「多くのアメリカ人が心臓病を患うのはコレステロールではなく、血中のホモシステイン値が高いからである」というホモシステイン説は懐疑的に受けとられ、ついに1987年、同僚によってハーバード医科大学院から追われてしまいました。

後にこの理論が認められたのは1900年後半となります。 他の科学者たちが最終的に彼の発見の重要性を認識するまでには40年もの長い時間がかかったのです。
近年ではホモシステイン酸は動脈硬化症および冠状動脈疾患の独立した危険因子であることや、認知症の原因であることが知られるようになり、多くの報告がなされています。

彼の研究に敬意を込めて、本製品を1969と名付けました。


佐藤医師が開発するきっかけとなった認知症患者

PET画像 認知症患者例1
PET画像 認知症患者例2

佐藤医師が、開発に情熱を注ぎ商品化を実現させたことには、ひとつの理由があります。それは、あるひとりの認知症患者との出会いです。

会社経営者だったその男性は、佐藤医師のもとで毎年PET画像診断を受けていました。
2012年の時点で、佐藤医師は異常を指摘し認知症外来へ紹介するも、異常なしと判断され、2013年、2014年も同様の対応で適切な治療がされることはありませんでした。

そして、2015年の段階でようやく診断に至りましたが、もうこの時点ではすでに自身を認識することもできない状態になっていたのです。
同年、入院治療後にそのまま男性は亡くなりました。

2012年の段階で「サプリメントなど何かしらの行動がとれていれば……」という後悔の念が佐藤医師を突き動かし、1969の開発へとつながったのです。

topに戻るTOP