PHENOMENON1969

改善への希望。裏付ける数値を公開!

数値が証明した!1969摂取でみえた兆し

アルツハイマー型認知症の発症に関わる成分としてホモシステインが世界的に注目を集めています。 しかし、ホモシステインは本来から人の体にある物質です。 これが酸化してホモシステイン酸になった時に脳内の神経に対して神経猛毒となると論文を通して仮説しています。 PHENOMENON1969は、ホモシステイン酸を無毒化することで認知機能にアプローチを図るという新しい考えの論文に基づき、体内で生成されたホモシステイン酸の無毒化を目的として製造されたサプリメントです。 

PHENOMENON1969摂取後のホモシステイン酸値 推移

実際にPHENOMENON1969をご愛飲中のみなさまにご協力いただき、一定期間飲用後のホモシステイン酸値の推移を調査いたしました。
健常な患者さまにおいても調査に参加していただき、調査は宇都宮セントラルクリニックさまで行われました。
アルツハイマー型認知症の改善にまつわる数値的なデータを見つけることが困難ななか、PHENOMENON1969に於いては数値を示すことができております。

PHENOMENON1969

検査機関:SRL(国内トップクラスの臨床検査実証機関)

1969を毎日摂取されていた全員のホモシステイン酸値が改善していることがお分かりでしょうか?
1969は認知症研究の第一人者である医学博士でもある長谷川亨教授の臨床試験に基づいたサプリメントですが、今回の計測結果は長谷川亨教授の臨床試験と同様に、認知症へアプローチできていることが証明されました。
「物忘れが少なくなった」「言葉が出てくるようになった」「コミュニケーションがとれるようになった」など、計測にご協力いただいたご本人、ご家族から嬉しいお声を頂戴いたしました。


1969はホモシステイン酸に着目した
記憶を元気にする「ドクターズサプリ」

Dr.佐藤俊彦

1969が他の認知症サプリメントと大きく異なるのは、医学博士が監修した「ドクターズサプリ」であることです。佐藤俊彦医師の研究により、唯一「ホモシステイン酸」に着目し、開発されました。

神経猛毒であるホモシステイン酸が体外に排出されれば、認知機能が上昇するというデータに基づき、体内のホモシステイン酸を還元することで無毒化させるのが、この1969です。

アルツハイマー型認知症の患者を対象とした臨床試験でも、すべての例で認知機能の改善が認められ、その有効性が確立されています。

ドクターからのメッセージ

1969が他の認知症サプリメントと大きく異なるのは、医学博士が監修した「ドクターズサプリ」であることです。
なぜ認可されている認知症治療薬ではダメなのか、なぜ水素がベースになっているのか、服用し続けた患者さまの様子など、 監修にあたった佐藤俊彦医師自ら、1969が支持される理由、その信頼性について解説します。
なぜ1969でなければならないのか…?佐藤医師の解説は必見です。

佐藤医師のその他の動画をみる


「効く」と言えない日本のサプリメント

sec1-1

日本には認知症だけではなく、様々な悩みに向けたサプリメントがあります。中には気休め程度の効き目のものもあれば、薬に近い効果を発揮するものもあります。
臨床試験でどれほど効果があることが証明されているサプリメントでも、日本の法律では「薬」ではなく「食品」として分類され、「薬事法(現在は薬機法)」という法律に従い販売しなければなりません。

医薬品のような効果や効能を謳い、消費者に過大な期待を抱かせたり医薬品と誤認させることは禁じられています。

したがって、サプリメントでは「脳」「がん」など特定の部位の表記や「◯◯に効く」「◯◯が治る」等の表現ができません。

それは当サプリメントも例外ではありませんが、こちらのページでご紹介した驚くべき数値データをご覧いただけたことだと思います。認知症の数値改善データは、インターネットで調べても見つけることは困難です。そんな中で、PHENOMENON1969を忘れず摂取していた方々は、長谷川教授の臨床試験データにあるように、1969はホモシステイン酸を減らしました。

このように、PHENOMENON1969は認知症の改善に非常に期待できるものだと言えることが証明されたのです。

「効く」と言えない日本のサプリメントの背景をご理解いただけましたでしょうか。こういった情報を活用していただき、ご自身やご家族のため に賢くサプリメントを選び、活用していただきたいと願っております。

topに戻るTOP