PHENOMENON1969

認知症サプリ「1969」の購入

1969監修の佐藤医師による解説動画を公開中

開発のきっかけとなったストーリー動画公開中

認知症サプリメント1969とは?

「PHENOMENON1969」は、“認知機能が改善した”とされる臨床試験のレシピを忠実に再現したサプリメントです。

この論文では、“ホモシステイン酸”を減らすことでアルツハイマー型認知症は「改善できる」と示されています。
世界一受けたい授業で話題になったリコード法を提唱するブレデセン医師も、アルツハイマー型認知症の回復にホモシステイン酸の減少を挙げておられます。

「1969」をご愛飲いただいている方々の、「1969」飲用後のホモシステイン酸値の改善は長谷川教授の論文と相違ない結果が出ており、アルツハイマー型認知症に対するアプローチとして非常に期待のもてるものとなっております。

PHENOMENON1969

1969タブレット

1969タブレット

1969パウダーの、ホモシステイン酸を無毒化をテーマとする水素配合量はそのままに、発がんやアルツハイマー型認知症にも関与する慢性炎症へ着目した成分『タヒボ』などの新成分を加えました。
携帯しやすいタブレットタイプのサプリメントです。


ドクターからのメッセージ

1969が他の認知症サプリメントと大きく異なるのは、医学博士が監修した「ドクターズサプリ」であることです。 なぜ認可されている認知症治療薬ではダメなのか、なぜ水素がベースになっているのか、服用し続けた患者さまの様子など、 監修にあたった佐藤俊彦医師自ら、1969が支持される理由、その信頼性について解説します。
なぜ1969でなければならないのか…?佐藤医師の解説は必見です。

佐藤医師のその他の動画をみる

1969のご購入はこちらから


topに戻るTOP