PHENOMENON1969

プロフィール

北村俊則

sec1-1

2013年、遺言執筆判断評価用構造化面談を発表

遺言作成時に遺言執筆という法律行為をその執筆者がどれほど判断できる能力すなわち意思能力®があるかを評価できる高度な技術を有する精神科医師。

  • 北村メンタルヘルス研究所 所長
  • こころの診療科 きたむら醫院 院長
  • 北村メンタルヘルス学術振興財団 代表理事

経歴

1972年3月
慶応義塾大学医学部卒業
1972年5月
慶応義塾大学医学部精神神経科学教室入局
1973年5月
精神医学研究所附属東京武蔵野病院勤務
1976年8月
英国バ-ミンガム大学精神医学教室並びにバ-ミンガム市オ-ルセインツ病院勤務
(Honorary Research Fellow 及び Senior House Officer)
1980年7月
慶応義塾大学医学部精神神経科学教室勤務(助手)
1983年10月
国立精神衛生研究所(現国立精神・神経センタ-精神保健研究所)
老人精神衛生部(現老人精神保健部)老人精神保健研究室室長
1991年9月
国立精神・神経センタ- 精神保健研究所 社会精神保健部部長
1993年2月
英国王立精神医学会フェロウ資格
(Fellowship of the Royal College of Psychiatrists)*
2000年12月
熊本大学医学部神経精神医学講座 教授
2003年4月1日
機構変更 熊本大学大学院 生命科学研究部 臨床行動科学
(こころの診療科)教授
2010年10月1日
北村メンタルヘルス研究所設立
2010年10月
北里大学看護学部 非常勤講師
2010年12月
熊本大学大学院保健学教育部 非常勤講師
2011年4月
Washington University (St. Louis) Distinguished Visiting Professor
2011年6月2日
こころの診療科 きたむら醫院 院長《現職》
2014年4月
東京大学非常勤講師(東京大学大学院医学系研究科)
2015年6月12日
北村メンタルヘルス学術振興財団 理事長《現職》

*日本人としては最初の Royal College of Psychiatrists (UK) の正会員ならびにフェロウである

免許・資格

1972年6月
医師免許(214807)
1979年12月
英国王立精神医学会会員資格 (Membership of the Royal College of Psychiatrists)
1981年10月2日
医学博士号(慶応義塾大学第 1238 号)
(学位論文テ-マ:うつ状態における時間認識の研究)
1987年12月
精神衛生指定医(第5,581号)
1993年2月
英国王立精神医学会フェロウ資格(Fellowship of the Royal College of Psychiatrists)
2006年4月
精神科専門医(日本精神神経学会)会員番号 01414
2006年4月
精神科指導医(日本精神神経学会)

参加学会

  • Royal College of Psychiatrists (UK) (英国王立精神医学会)
  • 日本精神神経学会
  • 日本精神科診断学会(理事)
  • 慶応医学会
  • 日本うつ病学会 (20101505)
  • 東京都精神神経科診療所協会
  • 日本精神神経科診療所協会

編集委員

1989年1月~
雑誌「精神科診断学」(医学振興社 後に日本評論社)
(1989年1月~1991年1月代表編集委員)
1989年9月
雑誌「精神分裂病研究の進歩」(星和書店)
1993年7月~
British Journal of Psychiatry(~1997年12月)
1993年~
International Journal of Behavioural Medicine
1995年1月~
Psychiatry and Clinical Neurosciences
1998年1月~
Archives of Women’s Mental Health
1998年1月~
International Journal of Offender Therapy and Comparative Criminology
2007年10月~
精神科診断学(編集委員長)(~2010年9月)
2008年1月~
Open Family Studies Journal (Regional editor)

委員等

1987年4月~1988年3月
日本人宇宙飛行士医学選抜委員会(委員長:大島正光)
1987年4月~1988年3月
日本人宇宙飛行士心理選抜委員会(委員長:大島正光)
1989年1月~1991年1月
精神科診断に関する国際会議組織委員
1989年4月~1997年3月
宇宙開発事業団客員開発部員
1991年4月~1994年3月
日本精神神経学会評議員
1991年9月~1997年5月
日本精神神経学会国際渉外委員会委員
1991年10月~
日本精神科診断学会理事
1993年11月~1994年3月
財団法人宇宙環境利用推進センター人間科学に関する研究準備会委員
1995年4月~1997年3月
財団法人宇宙環境利用推進センター人間科学に関する研究委員会委員
1995年4月~1997年3月
財団法人宇宙環境利用推進センター人間科学に関する研究委員会閉鎖
・異文化ワーキング・グループ委員長
1999年1月~
矯正処遇研究会(法務省矯正局長私的諮問研究会)委員
2000年3月~2001年3月
Member, Scientific Advisory Board,
1st World Congress on Women’s Mental Health, Berlin.
2001年3月~2004年3月
熊本県精神保健福祉協会会長
2001年4月~2004年3月
熊本県精神保健福祉審議会委員
2001年8月~2004年3月
熊本県障害者施策推進協議会委員
2004年11月~
Postpartum Support International Japan 理事
2004年
日本精神神経薬理学会評議員
2005年9月~
統合失調症学会発起人
2005年12月~
熊本地方裁判所専門委員
2006年9月~
日本精神神経学会精神科専門医制度面接委員
2006年11月~
日本精神神経学会 ICD-11 委員会委員
2007年7月~
日本精神科診断学会 ICD-11 実行委員会

【北村メンタルヘルス研究所】
出版書籍のご紹介

img
『すばらしい子どもたち:成功する育児プログラム』
(星和書店)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神科診断学概論』
(北村メンタルヘルス研究所)
この書籍をアマゾンで見る
img
『だれでもできる精神科診断用構造化面接:SCID 入門』
(北村メンタルヘルス研究所)
この書籍をアマゾンで見る
img
『周産期メンタルへルススタッフのための心理介入教本』
(医学書院)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神・心理症状学ハンドブック[第3版]』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『研究に同意する能力を測定する:臨床研究者のためのガイドライン』
(北村メンタルヘルス研究所)
この書籍をアマゾンで見る
img
『臨床で働きながら研究をしよう:統計の裏技と SPSS の使い方』
(北村メンタルヘルス研究所)
この書籍をアマゾンで見る
img
『自殺の対人関係理論:予防・治療の実践マニュアル』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『医療の本質と変容:伝統医療と先端医療のはざまで』
(九州大学出版会)
この書籍をアマゾンで見る
img
『母性と精神疾患』
(学芸社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神科診断面接マニュアル[第2版]』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『不眠症の認知行動療法:治療者向けマニュアル』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『事例で読み解く周産期メンタルヘルスケアの理論:産後うつ病発症のメカニズムの理解のために』
(医学書院)
この書籍をアマゾンで見る
img
『抑うつの現代的諸相:心理・社会的側面から科学する』
(ゆまに書房)
この書籍をアマゾンで見る
img
『心理的問題をもつ妊産褥婦のケア―助産師による実践事例集』
(医学書院)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神科診断面接マニュアル』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神・心理症状学ハンドブック[第2版]』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『治療に同意する能力を測定する:医療・看護・介護・福祉のためのガイドライン』
(日本評論社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神・心理症状学ハンドブック』
(日本評論社)
img
『精神科医療における患者の自己決定権と治療同意判断能力』
(学芸社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神症状測定の理論と実際-評価尺度,質問票,面接基準の方法論的考察-第2版』
(海鳴社)
この書籍をアマゾンで見る
img
『CASH:精神病性・感情病性精神疾患の現在症と病歴の包括的面接と評価基準』
(星和書店)
この書籍をアマゾンで見る
img
『精神科診断学ケ-スブック』
(医学振興社)
img
『精神症状測定の理論と実際-評価尺度,質問票,面接基準の方法論的考察-』
(海鳴社)

topに戻るTOP